建物を建てるとき、取り入れたいのが「耐震」「免震」「制震」の考え方。

過去の震災を経て、揺れから受けるダメージを抑える建築技術はどんどん進化している。

これまでは比較的簡単に対策ができる「耐震」の考え方が主流であったが、繰り返しの揺れに備え、建物の損傷を防ぐために「免震」「制震」の各構造についても理解して地震に強い家づくりに活かしてほしい。

耐震

頑丈な柱や梁などで建物を補強し、大きな揺れに耐える構造にすること。

多くのビルや戸建て住宅などで採用されていて、建築基準法の耐震基準もこの考え方に基づいている。

免震

建物の土台と地盤の間に免震装置を設置して、揺れそのものを建物に伝わりにくくする構造。

建物の揺れや変形・損傷、建物内の被害も大幅に低減するが、コストは大きい。

制震

建築物に地震エネルギーを吸収するダンパーなどを設置し、揺れによる建物のダメージを抑える方法。

建物が変形したり損傷したりする被害を比較的少なくする効果が得られる。

建設会社により異なる地震対策

これらの地震対策は、家を建てる建設会社によって大きく異なる。

徹底して「耐震」を強化する会社もあれば、独自の「免震」や「制震」の技術を開発する会社も。

大規模な地震が度々起こる昨今、マイホームを建てるならば、各建設会社にそれらの地震対策について深く聞いてみるべきだろう。