「冬暖かく、夏涼しい家」
こんな住宅のウリ文句、だれでも聞いたことありますよね。
つまり、「性能の高い家」ということですが、具体的にどれだけ性能が高いのか、この言葉だけでは分かりようがありません。
モデルハウスや完成見学会に行ってみて、現場でその暮らし心地を体感することも大切ですが、その日の天候や気温などにもよるので、簡単に比較検討することも難しいものです。
そこで、覚えておいてほしいのが、『C値』と『Q値』。
どちらも住宅の性能をダイレクトに示す値です。

『C値』とは、『隙間相当面積』のこと。
単位はcm2/m2で表し、家の床面積に対してどれくらいの隙間があるのかを数値化したものです。
延べ床面積100m2の家で、C値=2であれば、家全体で200cm2の隙間があるということ。
つまり、C値とは家の“気密性”を示しているのです。
C値が低いほど、隙間面積は小さくなり、気密性は高くなります。
すなわち、C値が低ければ低いほど、住宅性能が高い、ということです。
次世代省エネ基準では、寒冷地で2.0以下、その他地域では5.0以下となっていますが、工務店によっては0.2や0.3といった超高水準での家づくりを行っているところもあります。

一方、『Q値』とは、『熱損失係数』のこと。
これは、家の“断熱性”を示す値で、数値が小さいほど断熱性能が高いことを表しています。
単位は、w/m2・kです。
熱損失というのは、家中のあらゆる部分で発生しています。
暖房で暖めた熱が、壁を通じて外へ逃げる、窓を通じて外へ逃げる、床を通じて外へ逃げる、天井や屋根を通じて外へ逃げる…
様々な場所から家の熱は逃げるため、家づくりでは、あらゆる部分に断熱材を施します。
その断熱材施工のクオリティによって、Q値は大きく左右されるのです。
徳島においては、Q値2.7以下が次世代省エネ基準の目安とされますが、最近ではQ値1点台という高性能な住宅がトレンドになりつつあります。

C値とQ値。
どちらも、快適な住空間を手に入れるためには、知っておかねばならない大切な指標です。
モデルハウス見学や完成見学会に行った際には、これらの数値について尋ねてみるといいでしょう。
具体的な数値で比較検討することは、工務店を見極める正しい方法のひとつです。