家づくりを検討する際にまず決めることのひとつ。

それは、“家の主な材質を何にするか”です。

つまり、構造をどうするか。

個人邸で一般的に用いられているのは、大きく分けて3つ。

「木造」「重量鉄骨」「鉄筋コンクリート」です。

今回はそれぞれの特徴や、メリット・デメリットなどについて解説していきます。

 

【木造住宅】

日本においては最も一般的な構造で、約80%の家がこの木造住宅です。

文字通り、柱や梁などを全て木材で構成する工法。

かつては耐震性や耐久性に難があったものの、近年、耐震や免震の技術が進歩し、十分な強度を持てるようになりました。

メリットのひとつとして挙げられるのは、細かなデザイン調整ができる自由度の高さでしょう。

木材は簡単に切断したり削ったりして形を自由自在に変えられるので、細かな部分の自由度はかなり高いと言えます。

柱や梁をわざと露出させて、木の温もりが感じられる柔らかな空間が作りやすいということも特徴のひとつです。

また、他の構造に比べて建築コストが低いということも大きなメリット。

デメリットとしては、他の構造に比べれば耐久性が少し劣るという部分でしょうか。

木造住宅の中でも「在来工法(木造軸組工法)」、「ツーバイフォー工法」、「SE構法」、木造と重量鉄骨のハイブリッドのような「テクノストラクチャー工法」など様々な工法があり、工務店によって扱う工法が異なるので、いろいろ比較検討してみましょう。

DSC_0018

 

重量鉄骨住宅】

重量鉄骨は高層ビルなどを建てるときに用いられる構造です。

柱や梁にブ厚い鉄骨を使用するため、かなり頑丈で、地震や台風がきても安心。

巨大な建造物にばかり使われているイメージがあるかもしれませんが、実は小さな個人邸でもよく使われています。

とくにその力を発揮するのは、狭小地(狭い土地)での家づくりです。

なぜなら、その頑丈さゆえ、3階建て4階建てなどのように“縦にのばす”ことが容易だから。

1階をビルトインガレージにして、2〜3台の駐車場スペースを生み出すことも可能。

また、ベースの強度がしっかりしているため、余分な柱や壁を取り払うことができ、大空間を生み出すことができるのです。

柱が少なくなるため、間取り(レイアウト)の自由度は一番。

デメリットとしては、木造住宅に比べ少しコスト高になること、鉄は熱伝導率が高いため断熱性が劣ることが挙げられます。

DSC_1566

 

【鉄筋コンクリート住宅】

鉄筋とコンクリートを組み合わせた、強さとしなやかさを併せ持つ構造で、「RC構造」とも呼ばれます。

耐震性・耐久性に非常に優れており、これ以上なく頑丈な建物になることが最大のメリットでしょう。

コンクリートは比熱が高いため、そのままでは断熱性は低いのですが、外断熱を施せばコンクリートは蓄熱層となり、全体として非常に高い断熱性能を発揮してくれます。

また、コンクリートは液状のものを固めるので、型枠さえ作ればどんな形の家でも実現できることもメリットのひとつ。デザイン性の高い住宅によく見られる理由がこれです。

一方、デメリットとしては、建築コスト。

今回挙げた3つの構造の中で最も高価なのが、この「鉄筋コンクリート」です。

a7113bc62de238e37f966cd50c6cdec0_s

 

さて、今回、家の構造について少し解説してみました。

あなたにピッタリの構造はどれでしょうか?

参考にしてみてくださいね。