空が開く家 | とくしまの家づくり

空が開く家

ライフラボ徳島-(株式会社伸ホーム)

空が
開く家

青空と一体になる、
ソラマド。

 建築家と建てる[ソラマド]の家、M邸。外から見ると、それほど窓が開けた家には思えない。しかし、中に入れば驚くほどに自然光が差し込む明るい空間が広がっている。その秘密は、中庭を介してLDKと繋がる“空”。リビングやダイニングから大きな窓を通して美しい青空が見え、室内灯をまるで必要としないほどの光が家中に回る。この“空と一体になる家づくり”が[ソラマド]住宅の真骨頂だ。また、この[ソラマド]の家には“個室”という概念がない。つまり、基本的には“仕切り”というものがないのだ。玄関もキッチンもリビングも、さらには1階と2階の間にも隔てるものがなく、全てが繋がっている。そのため、土地の広さ以上に室内空間の広がりを感じることができる。そんな開放感のあるLDKで一際存在感を放つのはコの字型のキッチン。その一端は調理スペースであり同時にダイニングにもなっている。すぐ後ろは中庭になっているので、BBQパーティーなどにも便利。パパ・ママが仲良く晩御飯の準備をし、家族みんなで並んで「いただきます」。そんな幸せな光景が目に浮かぶようだ。

担当者からのメッセージ

チーフコーディネーター宮本 功
1979年徳島県生まれ。家づくりのコンシェルジュとして施主の意向を汲み取り、建築家や工務店、不動産屋などとのコーディネートを行う。“施主が家族愛を感じられる家づくり”をサポートすることに力を注ぐ。 [ソラマド]の特長であるLDKからも空が見える中庭と、仕切りのない広がりのある間取り。それらを重視するあまり、「収納スペースが少ない」と思われることがありますが、キッチン下のデッドスペースや階段下を活用し、効率的に収納スペースを生み出しました。
PAGETOP
Copyright © とくしまの家づくり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.