家族の思いを優しく包む家 | とくしまの家づくり

家族の思いを優しく包む家

有限会社-大坂工務店

家族の思いを
優しく包む家

和の伝統美が
雅な情緒を醸し出す。

「祖父母との思い出を残せるような家にしたい」という施主の要望に対し、家全体に“和”の雰囲気をまとわせつつ、木をふんだんに用いたつくりによって温かく柔らかい包容力を持たせた。建具もすべて木で作られているため、デザインの一体感はもちろん、重量が軽く扱いやすいという嬉しい側面も。家の核となる和室は昔のなごりを残しながらも、長押(なげし)などを取り除いたすっきりとしたデザインに。和室全体をやさしく包み込む障子紙は、那賀町で活躍する手すきの和紙職人・中村功さんが作る良質な「拝宮和紙」を使用。繊細さと大胆さを併せ持つ手すき和紙は、昼と夜(明と暗)で見せる表情が異なり、その多彩な表現力に藍染めによる装飾を加えることで艶めかしさをプラスした。また、さまざまな木の表情を見ながら、木目や模様にこだわった素材をデザインのアクセントとしても活用。さまざまなディテールにこだわることによって斬新なモダンスタイルの和室を作り上げた。木も畳も和紙も、すべて呼吸をして生きている素材ゆえ、時の移ろいとともに味わい深い姿へと形を変える。過ぎ去りし日々に思いを馳せながら、この家にまた新たな思い出が刻み込まれていく。

担当者からのメッセージ

専務取締役湯浅孝臣
和紙職人・中村功さんが作る手すき和紙はやわらかな印象を持たせつつ、それでいてさまざまに表情を変えてくれるので、デザインの大きなポイントとして和室に利用しています。また、さまざまな木の表情を見ながら、模様や装飾が描かれているように感じられる木材を家中のいたるところに使用しました。そのような木材をデザイン的なアクセントとしてうまく利用しながら、10年経っても飽きがこず、住んでいて心地よい家を目指しました。
PAGETOP
Copyright © とくしまの家づくり All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.